♪この木 何の木~ 気になる木~♪

皆さんご存知のこのCMソング。
ハワイのモアナルアガーデンパークにあるモンキーポットの木。
この木のキルトデザインを生徒さんからリクエストされました。

konokinannoki1.jpg

サイズは、横100cm×縦80cmです。

リクエストは虹を入れて欲しいということなので
モンキーポットの大木とのコラボです。

konokinannoki2.jpg

konokinannoki3.jpg

konokinannoki4.jpg

久しぶりに描いたランドスケープのデザインです。
遠近感を出すために、手前に大きなハイビスカスの花を3個
入れました。

konokinannoki5.jpg

このキルトは、来年の作品展へ向けて制作されるので、
キットでご所望です。

私の手持ちの生地の在庫を総動員して作りました。
アップリケが出来上がるのが楽しみです♪

頑張ってくださいね~☆

阪本あかね先生のテクニック講習6月(Zoom)

今月のテクニック講習の課題は、
ドローンワークをミシンでやりました。

akane42_2021060914161368c.jpg

課題を全部やった画像です↑

それでは、最初は、これ↓

akane46_20210609141702313.jpg

麻布の横糸を抜いた部分にミシンでステッチをかけて繊維をまとめます。
茶色で作ったら、森永の小枝チョコレートです(笑)
次は、拡大画像無しですが、紺色の糸でステッチした
〇―〇―〇と縫ったワーク

akane45_202106091416178c6.jpg

丸くステッチをかけた内側の生地をくりぬいて、
ミシンで自転車のスポークのようにステッチ。

akane43_20210609141615140.jpg

大きく抜いたところは、水に溶けるシート下に敷いて
丸、丸とステッチ。シートを溶かすと透け感がこうなります。

akane44_2021060914161651f.jpg

次は、水で溶けるシートで上下とサンドイッチ、
中に先ほど抜いた麻布の横糸を挟みました。
何事もゴミとして、捨ててはいけない(笑)

akane41_202106091416123c2.jpg

シートを水で溶かしてみると
いい感じの透け感。

今度、あかね先生は、このドローンワークで
カッコいい生地でカッコいいシャツを作る計画だそうです。
楽しみです♪(^_-)

この透け感を利用して、2重仕立てのポーチなどつくるといいみたいです。
時間があったら作ってみよう~って
まず、麻布をGETしないとね~!

Selfish Mさんの生地でバッグ

selfishm3_20210609135831a36.jpg

Selfish Mさんのところで購入した生地でバックを作りました。
作ったのは、生徒さんで、私はキット用意しただけです(笑)

土台布は、半分にプリントがわかれていたので
表面と裏面で模様が違います。
A面はストライプ

selfishm4_20210609135832fd0.jpg

B面は、ドット柄です。

selfishm2_20210609135829bfb.jpg

selfishm1_202106091358278e4.jpg

持ち手も、Selfish Mさんで販売しているテープを
赤と黒の2枚重ねしてあります。
持ち手なので、強度を考えました。

キルト芯は、アメリカで買ってきた、スポンジみたいな芯で
ふにょっとならずに、立ってくれます(笑)

いいバッグが出来たと思います♪
これ持って、お出かけ、お出かけと妄想するしかない(笑)

昭和のプリンを食べる!

今月のリンパドレーナージのあと、ランチを頂きました。
古民家カフェ 「山口M店」

lunch7.jpg

ご自宅を改装されたそうです。

lunch8.jpg


ランチは1種類で決まっていて、
家庭料理です。
(人が作ってくれるお惣菜は美味しいです(#^.^#)
この日のメインは、豚肉と野菜のみそ炒めでした。

lunch9.jpg

しかし!今回の本当の目的はこのプリンを食べることだったのです。
ちょっと固めの昭和のプリン。
懐かしい味です。美味しい(笑)

lunch10.jpg

またこのプリンを頂きたいですね~
リピします(笑)

キルトジャパン7月・夏号「チャレンジ!ミシンキルト」に掲載!

明日4日の発売のキルトジャパン7月・夏号の
連載「チャレンジ!ミシンキルト」にミシンで作るハワイアンキルトの
ページを担当させていただきました

quiltjapan13_20210603213743b8e.jpg

ハワイアンキルトは手縫い作るのがベターですが、
いろんなことをしたいときは、ミシンでスピーディーに仕上げるのも
ありではないかと思いました。
なるべく簡単に、家庭用のミシンの直線縫いで出来るように
いろいろ考えて作ってみましたので、ぜひこの夏、挑戦してください。

quiltjapan8_20210603213735018.jpg

2種類のアップリケの方法を提案しています。
見本の作品は、それぞれの方法でつくりました。
お好きな方を選んで作ってみてください。

quiltjapan9_20210603213737740.jpg

今回のポイントは、
① MFシートで 断ち切りのアップリケ布をアイロンでくっつけてしまいます(パンの木)
  (MFシートとは、熱でくっつく、アイロン両面接着シートです)
② 片面接着芯で アップリケの縫い代を折り込んで布用のりで接着してます(プルメリア)

quiltjapan10_20210603213739642.jpg

読んで、頭の中だけでイメージしても分からないかもしれないので
コマ撮りした画像を見ながら、実際にやってみたほうが理解できると
思います。

quiltjapan11_20210603213740008.jpg

↑パンの木60cm×60cm

quiltjapan12_2021060321374156d.jpg

↑プルメリア(65cm×65cm)

キルトジャパンの巻末に実物大型紙も付いていますので、
挑戦してみてください。かなりスピーディーに出来るので
今からでも夏に十分間に合いますよ~

quiltjapan7_202106032137348ea.jpg