あかね先生のテクニック講習 7月

今月から新しい場所でレッスンがスタートです。今日の課題は、ジェルアートとトランスファーダイです。

akane18_20200708133604efa.jpg

まずは、前回のレッスンのでソフトスカルプトでハンコを作ったので
そのハンコを利用して、ジェルアートをします↑
ジェルシートの上にアクリル絵の具を広げ、ハンコで模様を作り
印刷します。
昔ながらのガリ版刷りのようで面白かったです。

akane19_20200708133605e53.jpg

次は、トランスファーダイ。↑

akane20_20200708133606187.jpg

紙に染料を塗り、乾燥させます。↑
この時、模様を描いても、ベタ塗りでもOK。

akane23_20200708133611fcb.jpg

乾いたら、その紙を好きな形に切ります。

akane21_202007081336086bd.jpg

化繊の混ざった生地の上に置き、アイロンで熱を加え
紙から布へ トランスファー つまり移します。

紙上では、あまり良くない色に見えますが
化繊布にトランスファーされると発色が良くなります。

akane22_20200708133610860.jpg

これで、オリジナルの布を生み出します。
化繊布の種類を変えると面白い出来上がりになるそうなので
また、実験してみたいです。

ハンフリーズ深雪デザインのキットは ココ からどうぞ
                  ↑クリック
maimai_201802190716445b3.jpg

お薬手帳ケース

kusuricase1.jpg

生徒のOTさんには、型紙だけお渡したのですが
2週間後のレッスンの時には、
お薬手帳ケースが出来上がって来ました。

片面は、通常のアップリケ、もう片方はリバーズアップリケ、
ちゃんと変化球になって帰ってきました。
ビックリ \(◎o◎)/!

kusuricase2.jpg

そして、お薬手帳の要の内側の仕様は
↓↓↓

kusuricase3.jpg

なんとビックリ!
可愛いハワイアンな模様の生地なのですが
ポケットがすべて模様合わせしてあるのです(@_@;)

洋裁では、ブラウスやシャツのポケットの模様合わせを
したりしますが、ポーチでは、そこまでなかなかしません。
生地が余分にかなり要りますからね。

あまりにもキレイに模様合わせしてるので
パッと見て、どこにポケットがあるか
わからないくらいです

kusuricase4.jpg

手帳を入れてみました。
こんな感じですよ!

私もようやらない作りでした。
お見事♪パチパチパチ

ハンフリーズ深雪デザインのキットは ココ からどうぞ
                  ↑クリック
maimai_201802190716445b3.jpg

ジェーナスクリエーション1周年展

janus1_2020070410310310e.jpg

1周年を迎えたジェーナスクリエーションへ
初日、お伺いしてきました。

店内ところせましと
各ジャンルで活躍中の作家先生方の作品が並んでいました。

janus2_20200704103105b68.jpg

janus3_2020070410310650f.jpg

janus4_2020070410310839b.jpg

↓階段回りの展示

janus5_20200704103109a73.jpg

janus6_202007041031115b4.jpg

2階の展示作品の一部↓

janus9_202007041031155be.jpg

janus10_20200704103117dc2.jpg

janus8_20200704103114840.jpg

野沢先生の作品。いつもと違ってサンプラーズ。
私も作りたい野菜の輪切りシリーズ。

janus7_202007041031122eb.jpg

Selfish Mの武石正子さんの作品。
ひときわ明るくてかわいい作品でした。

こんな時ですが8月12日まで開催されていますので
お近くに行かれた時は、ちょっと立ち寄ってみたらいかがでしょうか?

1階のカフェのアイスコーヒーは、冷たくて美味しいですよ~

ハンフリーズ深雪デザインのキットは ココ からどうぞ
                  ↑クリック
maimai_201802190716445b3.jpg

久しぶりのクジラくん

whale2_202007020933317d2.jpg

ちょっと前にクジラのポーチのキット第2弾のを作ったので
完成が続いてます。

↑は、OTさんが作りました。

クジラのお腹の生地が、最初のキットとは、
違う生地になっています。
口部分のファスナーもキレイに縫い付けてあります。

whale.jpg


こちらは、TTさんが、作りました。
目の付ける位置によって
クジラの表情が微妙に変わりますね(笑)

whale1_20200702093330f5d.jpg

ハワイアンキルトの制作では、
簡単な立体物(バッグやポーチ)しか作らないので
動物などの立体物は難しいという
生徒さんたちの感想です。
私もそう思います。

また、いつかこのような立体物を企画しみたいです。


ハンフリーズ深雪デザインのキットは ココ からどうぞ
                  ↑クリック
maimai_201802190716445b3.jpg

夏マスク

mask4.jpg

もう、手作りマスクは、必要ないと思っていたのですが、
夏に向かい、気温が上がってきたら、
マスクして外を出歩くと息苦しい!
これは、夏仕様のマスクが必要と思い、急遽、またまた手作りしました。

数件、手芸ショップや問屋さんを回って
夏用の生地、たとえば、濡らすと涼しく感じるとか
触っただけで冷たく感じる生地を探したのですが
すでに売り切れ。

仕方ないので、穴場の100円ショップで
水に濡らして、首に巻くタオルを見つけ
カットしてマスク4個作りました。
今回は、プリーツマスクです。

mask5.jpg

そしてこっちは、接触冷感生地で作ったマスク。
マスクキットなら、まだこの生地が残っていましたので
指定のマスク(立体マスク)は作らずに
プリーツマスクを制作。これも4個、出来ました。

早速、着けてみました。
すごく冷たいわけではありませんが、
今までのより、数段楽です (#^.^#)


ハンフリーズ深雪デザインのキットは ココ からどうぞ
                  ↑クリック
maimai_201802190716445b3.jpg