洋書いろいろ買いました。

paducah7.jpg

海外のキルトショーへ行くと、本のブースに立ち寄ります。
たくさんのキルトや手芸の本が並んでいて、
ついついいつも長居をしてしまいます(笑)

この本は、エンベリッシュの本。
ちょっと馴染みのない言葉ですよね。
キルトにボタンやビーズ、刺しゅうなどで飾り立てる技法で
アメリカでは カテゴリーにあるくらいポピュラーな分野です。
実も私も、キルトにビーズや刺しゅうなどを施すのが好きないので
いつか、このカテゴリーでキルトをエントリーしたいので
参考のため 購入しました。

paducah8.jpg

ボタンやビーズのいろんな装飾の仕方が載っています。

paducah5_20160504232810a87.jpg

ランドスケープのキルトも 興味ある分野です。

paducah6.jpg

中身は、とても詳しく、奥行き感のあるランドスケープキルトの
作り方が載っています。
じっくり読むと なるほどね~と納得することがたくさん書かれています。
とても勉強になります。

paducah9.jpg

この本は、お花のアップリケ技法の本。
どう作ったら、本物の花に近いアップリケが出来るか
詳しく説明されています。

paducah10.jpg

クローバーのアップリケ。
お花部分は、刺しゅうになっています。
シンプルなお花ですが、このアップリケには 魅かれます。

持ち帰った書籍は、もっとあるんです(笑)
それは、また後ほど・・・

=== === ===
いつも見に来て頂きまして ありがとうございます。
ブログランキングにエントリーしています♪
応援クリックお願いしま~す♡

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する